米寿 贈り物

名前の詩で、心に残るプレゼントを贈りましょう

私達にとって、頭を悩ませる問題の一つが、"プレゼント選び"です。

 

 

両親に対するプレゼント選びともなると、つい真剣になってしまいますよね。

 

 

当たり障りの無いもの、無難なものをプレゼントしたとしても、喜んで貰えないのではないか、という不安感が付きまといます。

 

 

でもいつまでも記憶に残るような、心温まるアイテムを贈りたい、子供なら誰もがそう願うものです。

 

 

そんな時にお勧めしたいのが、「名前の詩」なんです。

 

 

定年退職を迎えたお父さんや、ご両親が還暦を迎えた際に、ぜひ手描きでオリジナルの詩をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

 

私達人間は、生まれた時に名前をつけて貰います。

 

 

名前こそ、最初のプレゼントでもあり、命が尽きるまで保ち続けていくものです。

 

 

その名前と共に、苦楽を共にするからこそ、詩にして貰う事で、これまでの歩みを振り返る事が出来るでしょう。

 

 

名前の詩というプレゼントを通じて、これまでの感謝の気持ち、思いを形として表せます。

 

 

しかも手描きという「温もり感」もあるので、一生大切にしたいという気持ちになるはずです。

 

 

名前の詩には、墨彩画や送り主の名前も入れる事が出来るだけではなく、癒しの効果が期待されています。

 

 

目には見えない「心」を、形にして届ける事が出来る、本当に素晴らしいプレゼントではないでしょうか。